[筆記具]万年筆とノートを購入し日記を書くことに

iPad Pro + Apple Pencilを体験してから数年、文字を書くことが好きになっていました。

だがしかし、公務員の仕事上だと上記の組み合わせを活用できる時があまりない…。

ということで購入しちゃった万年筆。
人生初の万年筆の感想とか、日記をつけてみた感想とか書いていきまする。

万年筆購入の経緯

経緯は多少前述しましたね。
仕事上でiPad Pro + Apple Pencilという組み合わせが活用できない以上、ペンによる文字書きしかない。
そうなったら、多少なりとも良いペンを使ってみたい…。

そう考えるのはある意味必然とも言えるでしょう!

まぁ、ちょうど見ていたドラマ「半沢直樹」で万年筆が出てきたりしましたから。
あと、私がブログを始めるきっかけになった「Apple信者1億人創出計画」を運営されている“うぉず氏”の記事でも万年筆のことに触れていましたから。

興味を持ったのは“うぉず氏”が記事にしてくれていたからですね、確実に。

この時点では興味だけでした。
決定打は「半沢直樹」で映されたインク補充のシーンだったり”文字通り万年使用できる”みたいな台詞だったり。

この二つがあったから購入に至ったといっても過言ではないです。

なかったら質のよいボールペンだったと思います。
世の中いろんなことが繋がっているということです。たぶん。

購入した万年筆

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01JRW618Q/ref=ppx_yo_dt_b_search_asin_title?ie=UTF8&psc=1

購入したのはこの製品です。
ドイツ製でありペリカンと呼称されている万年筆です。

細さは極細です。
インク補充は充填式。

「半沢直樹」で出てきた万年筆がこのタイプだったので。

決め手はドイツ製です。
AudiやBenzが好きなので、自然とドイツ製に…。
日本では今のところHONDAが好きです。

車は関係ないですね。

そんな感じで、万年筆“のみ”を購入しました。

万年筆に隠されたトラップ

いや、トラップと言うのは間違いですね。

ちゃんと下調べしていたら絶対にわかったことなので。
万年筆というのはボールペンと違い、購入した時にインクが入っているものではありません。

つまり、万年筆のみを購入したところで、インクも併せて購入しないと意味がない。
ということになります。

やらかしました。

今は既に双方所持しているので問題ありませんが、万年筆が届いたときは驚愕しました…。
なんせインクが出ないのですから。
調べたら自分の下調べの足りなさと無知さにショックを受けましたよ…。

すぐインク買いました。

同じくペリカンのインクです。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B001TBM2XC/ref=ppx_yo_dt_b_search_asin_title?ie=UTF8&psc=1

自分と同じような初万年筆オーナーにはよくあるのかも…いやないか…。

万年筆の使用感

最初は書き方に戸惑ったよ。
なんせ、初めてでしたからね。

こう、力の入れ具合とか。
角度だとか。
インクのにじみ出る範囲とか

いろいろ難しいです。

使用し続けてもう1ヶ月くらい経ちますが、未だに正解がわからない。
職場でもフル活用していますが、紙質が違うとインクのにじみ方が全然違う…。

ボールペンは同じなんだけどなぁ!!?

これが万年筆よ。

でも、力ほとんど入れなくても大丈夫です。
スラスラ書けちゃいます。
だから、文字を書くのが更に楽しくなってきました。

綺麗に書けたら尚楽しい!

1ヶ月前に比べたら私の万年筆レベルも確実に上がっていることでしょう!

それと、インク補充が結構楽しい。
インク瓶に突っ込んで補充するんですけど、インクが入っていくのがわかるんです。
見ていて楽しいものですぞ。
あと、インクがあれば永遠に使えますね、これ。

最高だぞ万年筆!

日記をつけた理由

そして日記をつけています。
その理由とは…。

気まぐれです。

せっかく万年筆買ったのなら、仕事以外でも使いたいなー。
というのが事の発端。

そうだ、日記を書こう。

そういうことです。
昔はブログでも日記記事書いていましたね。
懐かしい…。

日記系の記事よりゲームに時間を割くようになって、今ではもう書いていません。

だが!
この万年筆とノートがあれば日記が書ける!
日記は良いものだ。

日記用に購入したノート

ちなみに、日記用に購入したのはこちら。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B003YU0WBA/ref=ppx_yo_dt_b_search_asin_title?ie=UTF8&psc=1

万年筆に合うようなノートを探していたらこれに出会いました。
もっと他にもありましたが、なんだかんだ自分は無地か方眼紙っぽい感じのノートが好きなのです。

ちなみにめちゃくちゃ書きやすい。
さすがおすすめされたノートなだけはある。
紙の質が合ってますな。

同じようなノートが好きなら、とりあえずこれを買っておけば良いのでは?
などと思いました。

日記を書くようになって思ったこと

日記は1日にあったことを振り返って書くものじゃないですか。

つまり、その日を振り返るのですよ。
そのまんますぎる説明ですが。

でもよく考えてみると、1日を振り返るなんてこと日記を書くことがなければしませんよね。

する人はするのだろうか…。
いないことはないでしょうな。

それでも、自発的に1日を振り返ってみよう!
なんて考える人はいないでしょう。
滅多に!

1日を振り返るための日記ですよ。
仕事のことだったり、プライベートのことだったり。

平日は仕事もルーチンが多いのであまり書くことはないんですが、上司がいやだったり、苦情が馬鹿らしかったり、振り返ると1日毎に違うのが面白いです。
自分の日記を読み返すのって意外と恥ずかしいものですね。

これが日記というものさ。

これ数年後に読み返したらもっと面白いのでは!?
と思えるくらい、今は楽しんで日記書いてます。

時間がないときは複数日まとめて書いてますが、今のところ1回だけですね。
金~日は遊びほうけているのでどうにもサボってしまう…。

でも書き続けることに意味があるのさ。

楽しいし、続けますよ。
万年筆+日記!

まとめ

購入して思ったこと。

・万年筆ユーザー周りに皆無
・力なしでスラスラ書けて楽しい
・地味に高価
・インク補充楽しい
・日記楽しい
・紙の質で書き心地は180°変わる!

という感じにまとめました。

文字を書くのが好き、という方には間違いなくお勧めはできますね。
それでも、普通のボールペンレベルで満足かもしれないです。

…私みたいに何かきっかけがあって、買ってみたい!と思える出来事がないと購入しないのかな。

たぶんそうでしょう。
現代じゃ仕事でもPCでする作業が多くなり、文字を書く機会が段々減りつつありますよね。
こうやって書く物にお金を費やす時代は終わりつつあるのでしょうか…。

それは悲しいですね。

そんな時代だからこそ、万年筆です。

店に展示されているお試し的なのがあったら、是非体験してほしいものです。
万年筆の力ってやつをね(・ω・)

以上!
ここまで読んでいただきありがとうございましたm(._.)m

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする